国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
最近、ブログ更新が滞り気味・・・・。

というのも学校が始まって以来、あまりPC開かないようにしているのであります。

これまでもチラチラと書いたことあるけれど、わたし、PC中毒なところがあって、PC一度開いちゃったら最後、適当なところで閉じれなくなるんです。

だから最近は学校が終わって2時半に家帰ってお昼食べてから、PCなんか開いちゃったら最後なわけです。

もうフグ帰宅まで開きっぱなしになり、それはつまり、それで一日がおしまいってことを意味するのでね、そうなるのは自分でもイヤなので、できるだけPCから遠ざかってるのですよ、最近。

怖いなぁと思うのは、どんなに「さっさといろいろ済ませてすぐにPCを閉じるぞ」って思ってても、一度開くと必ず閉じれなくなってしまうところ。やっぱりこれは、中毒の一種なのか?


とはいうものの、いろいろ用事がたまってきたので、今日とうとうPCを開きました。
 
---------------------------------------------------------------------------------------


さて、うち、週1でグロサリー買出しに近くのアジア街に出かけます。

かなり安い、かなり新鮮、量が自由に選べる(パッケージされてない)、魚と肉の豊富さもスーパーマーケットとは比べ物にならない、周囲にインド食材屋もたくさんある、などなどのおかげで、うち生活はこのアジア街の市場さまさま。

普通のスーパーマーケートでは見かけないものもけっこうあるし。

例えば先月は春のお告げとばかりにソラマメがあったし、そして先日はタケノコ。

しかも、水煮してアクも抜いてある。

飛びついて買いました。


で、まずはタイカレーに入れました。本当はもっと「和」なもの作りたかったんだけど、新しい食材をフグに食べさせるにあたっては、まずは簡単なところ(フグ的に)から入っていかねばならんと思って(フグ、タケノコとは何者か、についてすら知らない)。

タイカレーなら「味が濃いグレイビー」だからフグ好みだし、タケノコも濃い味グレイビーに溺れてどさくさにまぎれる感じで、初体験していただけるということでね。

それで「ほら、ね、おいしいでしょ?」と何度も呪文を唱えて「タケノコ=オッケー」という暗示にかけてしまおうという企み。

といっても、そこらへんのタイ料理屋とかベトナム料理屋のカレーの中にいままでも入ってたと思うんだけど、フグ、あまり気づいてないから。



で、この時にはある意味狙い通り、タケノコが濃い味グレイビーに溺れていたので、あまりよくわからなかったらしく、「まずい」などとは言われませんでした。

ふぅーん・・バンブーシュート・・・まぁいいけど。← フグの感想はこんな感じ。


でも買ったタケノコはまだたっぷり残っていたので、とうとうおととい、念願のタケノコご飯を作ったのです。

刻んだエノキも入れて、昆布ダシで炊いてね。お米も当然、日本米。

炊き上がる前から気絶しそうなほどいい匂いが部屋に漂い始め・・・、アナタ、我ながらヤバいものを作ってしまったと思うほどにうまくできたんです。

もしも山椒の葉などがあってパチっとやったら、料亭の味って言っちゃっていいかも?ウフフフッ、ていうくらいにうまくできたんです。

でね、こんなにうまくできたんだからと思って、いいほうの海苔(うちには2種類の海苔があり、ひとつは安いやつだけど、もうひとつは日本から持ち込んだ風味豊かな貴重な海苔)を刻んでタケノコご飯にかけましてね、


さ、お食べ
(ハート)
と差し出したわけ。


生粋のジャパニースの手による、ホンモノ絶品のタケノコご飯よ、これがホンモノの味よ、とばかりに(写真を撮るのを忘れたのが非常に悔しい・・・)。


ところがフグの反応が鈍い。といっても、この男、妻の料理になにかコメントをするという能力が完全欠落しているので、自ら何かをコメントすることは普段も皆無なんだけどさ。

暑苦しい私はそれにめげず、毎度毎度「で、どう?」「おいしいの?」「どうなのよ?」「ああでしょ?」「こうでしょ?」といちいち、無理矢理コメントを促すのがうちの日常なわけ。

妻の料理にコメント皆無の男ってかなりいかがなものかと思うんだけど、私という妻の暑苦しさもそうとうなものだと思っとります、我ながら。


でもね、その日は「おいしいでしょ?」「まさにこれぞという味になったわ」「これがジャパンの春のトラディッショナルなライス、その名もタケノコライスよ」などと脇から言い続けても、イマイチ反応が鈍い。「うんまぁ・・グッド」とか言っちゃって。


だから私、最後の締めに「実際、どうなのよ、正直にお言いなさいっ(正直に言えや、コノヤロー)」と言ったらば・・・・、

敵はとうとう白状しおった。


「タケノコ以外はおいしい」。


なんですか、それ。

タケノコ以外ってつまり、米粒とエノキのカケラ?そのことですか?そういうのは全部、タケノコご飯の余白部分なんですけど。

ヤツ的に、苦肉の策の返答だったらしい。


でね、タケノコやっぱりダメらしいってことがここで発覚したわけだけれど(こんなによくできたタケノコご飯がおいしいと思わないなんて、ブタに真珠、馬子にも衣装!貴重な「いいほうの海苔」返せ~!)


タケノコの何がダメなわけ?って聞いたらば、こう言ったんです。


バスとかに乗って山道登ってるときに、だんだん吐きそうになってきた頃の味がする


・・・・ 。

えっとー?なに?私の料理をゲボ呼ばわり???とスゴんだらば、


いや違う。ゲボとは言ってない。

それが出る10分くらい前に、なんとなく感じるあの味。



・・・・・・・・・・・・・。



こ、こ、こ、国際結婚すると、いろいろありますなぁ・・・・・(泣)。

「あの味」って言われましても、いまいちよく分からないし、そんな味するかぁ?


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ



スポンサーサイト
2012.11.01 / Top↑

フグが昨日、「なぜか急にチャパティが食べたくなった!今日、作ってみる」とか言い出した(フグ、基本的に料理が好きで、台所にいるのが苦ではないタイプ)。

普段から食べ物のことについて考えていることが多いフグだが、「なぜか急に」チャパティが食べたくなった背景に気づいているのであろうか(笑)。

おとといこんな記事(←クリック)を書いたばっかりだったので、私の頭の中にナーンやチャパティのことがあり、なんとなく私の会話にナーンやチャパティのことが登場したんだと思う、この数日のどこかで。

だから、フグは「なぜか急に食べたくなった」とか言っているけれど、実はひそかにサブリミナル効果が作用し、食べたくなったんじゃないのかと思うよ、アナタ・・・。ほんと、ウケるわ。


といっても、あの記事で書いたとおり、チャパティはフグ的にもけっこう非日常。数回だけ作ってみたことがあるらしいが、あとは見よう見真似だという。


会社から帰ると、さっそくアタ(Whole Wheat)と水でこねはじめ・・・、くるくる丸めはじめた。

私もインド人の妻たちがチャパティを作るところは何度も見たことあるけれど、実際に作ってみたことがあるのは1回だけ。

「水と粉をこねて、まるめて、焼く」だけなのに、これが全然うまくできなかった。見ていると簡単そうなんだけど、実際やると、けっこうコツが必要なことがわかった。

さて、フグはうまく作れるのであろうか。

cha1.jpg 

↑ 買って以来、ほとんど使ったことがなかったコロコロ(棒)も登場。

cha2.jpg 

コロコロで丸型に伸ばす。

インド人のおばちゃんたちのあざやかな手際とは裏腹に、フグは何度もやり直していた(笑)。

丸くならないとか、やぶれたとか、ここだけ薄いとか、そういう感じで。

cha3.jpg 

そして、焼く。

うち、ガスコンロないの。

3ヶ月に及ぶ部屋探しののち、出会う部屋出会う部屋、希望条件のうち必ず何かがひとつ欠けており(←人生ってそういうもんよねー)、結局、決まった部屋には「ガス」が欠けていたのである。

だから、特に「火」が必要な場合は、この携帯ガスコンロが登場する。

チャパティは、フライパンで焼き、最後の最後に、直接火の上にかざすのが一般的な家庭でのやり方。

この、最後の行程である「直接、火にかざす」の時に、インドの手馴れたおばちゃんたちがやると、あら不思議!チャパティが一度、フ~ッっと膨らむ。

ナーンやパンのように、生地自体がフワフワ膨らむのではなく、チャパティが風船のような感じになって、中に空気が入り、一度膨らむ。

これはけっこう不思議。というのも、チャパティ生地を作っているときに、「2枚作って、それを重ねてくっつける」みたいなことなんてしないのに、火にあてると、あのペラペラの丸型にした生地の中にきれいに空洞ができて、膨らむのである(説明分かるでしょうか・・・?)。

そして膨らんだら、てっぺんをチョンっとつまんで皿に移し(膨らむのは数秒なので、皿に移せばペッタンコになる)、次のチャパティを焼く・・・。これが、おばちゃんたちの手際。


chap.jpg 
↑ ネットで探したら画像があったので拝借。これが正しいチャパティの膨らみ。


だけど、やっぱりフグのチャパティは膨らまなかった・・・(笑)。

なんでしょうねぇ。私が昔試したときにも、もちろん膨らまなかった。

生地が均等にこねられていて、丸型に伸ばすときにも、厚さが均等で、ムラがあっちゃいけないとか、そういうことかしらー?


chap2.jpg 
↑ ついでにネットのどこかにあった画像を拝借。出来上がったたくさんのチャパティ完成図。


さて、フグのチャパティだけれど、漂ってきた匂いと味は、普通にチャパティだった。

これこれ、この素朴な味。


だけど、硬い!!! アゴが疲れるくらい硬かった。


そうなのです。

チャパティって、うまくできるとあまり硬くならないんだけれど、ヘタしちゃうとすっごい硬くなる。

とくに差が出るのが冷めたあと。

水と粉をこねているだけなので、フワフワナーンのような色気がないチャパティは、冷めた後はちょっと硬くなってしまうのが宿命なのだけれど、

それでも正しいチャパティの場合は、クルクルクルっとロール状にまるめられる。

でも、正しくないチャパティは冷めると板のようになり、まるめようとすると割れる。


フグチャパティは、もちろん、板タイプだった。


冷めてもまるめられるチャパティのコツってなんだろう。

粉と水こねてるだけなのに、いろいろと差が出るのってほんと不思議。



2012.06.27 / Top↑
----「不幸中の幸い的なうちの食卓 前編」の続き---


というのも、

「じゃぁ、パナッタレさんところは、フグさんがインド人だから、毎日チャパティ食べてるんでしょうね」って人は思うだろう。

だけど、これがまた違うのだよ。


さっき、肉の話の「ベジタリアンなんか稀」で登場した
ベンガル地方だけど、うちのフグはこれに属していまして。 フグはベンガル人。

だからフグは肉をよく食べるし、それに、主食は米なのである。

そう、ベンガル地方は日本と同じように、米食文化なのである。

もちろん、チャパティだってたまには食べるらしいけれど、「朝ごはんにたまに」程度だそうだ。

主食はあくまでも、炊いた米。


また、これもインド的には常識だけれど、
ベンガル人の第二の主食は魚。

一日のうちに一度も魚を食べないベンガル人はいない、と言われるほど、ベンガル地方では魚を食べる。

(魚といっても、淡水魚のみ。貝類やイカやタコも食べない。それから、魚といっても焼き魚とかではなく、やはりひたすらカレーにする。そこが日本とは大きな違いだけれど。ベンガル地方のお魚食については、また別途書きます)。


だから、うちの食卓には、チャパティなんてまず並ばず、「米と魚」が基本形。

といってもメルボルンでは、新鮮で活きがよくて清潔な魚が日本ほどうまく手に入らないので、魚は週1くらいだけれど、米は本当に毎日食べている。

インド食は、たいがい日本人の胃にとってヘビーだし、日本食はインド人にとっては「味がなさすぎる」。

そういった点で、
インド人×日本人カップルの食卓は、常に問題をはらんでおり(笑)、なかなかお互いが満足する食生活を送れないもの。うちも基本的にはそう。

フグは基本的に味的に慢性欲求不満気味で、私は基本的に慢性胃もたれ気味。


だけど、そんな中でも、うちのような「ベンガル系インド人&日本人のカップル」は
不幸中の幸い的に、比較的マシだと思う。


うち、昨日もサンマ3匹と米25キロ買いましたぞ。



補足:


※と、ここまで読んで、「ふーん、フグはインドでも珍しい地域の出身なんだね」って思われるかもしれません。でも、これまた違うのですよ。

ベンガル地方って、中心都市はコルカタ(カルカッタ)です。イギリス統治時代の前半は、インドの首都だったところ。大英帝国が最盛期だったころには、インド文化の中心だったのです。

だから第二次世界大戦前~戦中までは、日本でもインドといえばベンガルのことだった模様。中村屋にカレーを伝えたのもベンガル人のボース、スピーカーのブランドBOSEもベンガル人、ちょっと文学に興味ある人なら知ってるタゴール(ラビンドラナート・タゴール)もベンガル人。マザー・テレサが活躍したのも、コルカタ。

でも、その後コルカタは落ちぶれて、いまでは、インドの大都市の中で一番後れた感のある街となっていますが(笑)。


それに、現在は外国に出ているインド人の大半が、ビジネスならパンジャーブ人かグジャラート人、IT系なら南インド人です。
だから、ベンガル人は外国ではたしかに少数派インド人かもしれません。


でも、ベンガル人ってパンジャーブ人などに比べて国外に出ていないので、外国にいると珍しく聞こえるだけで、インドではドカっと存在してる大量にいるメジャー系です。


私はフグがたまたまベンガル人だっただけなので、ベンガル人の肩持つ気とか、特別な思い入れとか、ぜんっぜん、ぜんっぜんないんですがね(笑)。 説明すると、そういうこと。


自他共にベンガル人が認めているベンガル人の特徴は、「怠け者、あまりビジネスとかに熱心でない、南インド人などのように真面目にせっせと寺に通ったりとかしない、どっちかというと文芸&芸術肌」だそうです。


... 続きを読む
2012.06.25 / Top↑

インドってものすごく広いので、地域によって言葉も、顔つきも、文化も、食文化も、習慣も本当にさまざま。

例えば食文化にしたって、

インド人は肉食べない
インド人はいつもナンを食べている

とか、思われてるでしょう、普通。

しかし、そうでもないんだな。


<肉>について

肉はね、たしかにヒンドゥー教にはいろいろな決まりがあるので、それをどれくらい厳格に守るか守らないかは家庭差/個人差があるけれど、肉食に関するタブーはけっこうある。

でも、ヒンドゥー教徒だって例えばベンガル地方の人でベジタリアンなんて本当に稀。すごく肉食べます。
それからスィーク教徒だって、肉をよく食べる。

逆にラジャスターン州やグジャラート州は、ピュア・ベジタリアンが圧倒的に多い。グジャラート州にいたっては、酒も禁止。また、南インド人もベジタリアンが多い。

とか、いろいろなのだ。

ヒンドゥーに限った範囲で共通するのは、ビーフは食べないことくらいだろうか。
これは、ヒンドゥー教では牛を聖なるものとして大切にするから、というのがある。

だけど、そういった教義をどれくらい厳格に守るか守らないか、どう解釈するかは、やはり個人差がある。

だから、教義なんてあまり気にしてないという人も時々いたりはする(特に外国に長く住んでいるインド人など)。でも、彼らはやはりビーフはあまり食べなかったりする。

それは、インドにビーフ食文化自体がほとんどないので、食べ慣れていないからだ。食べ慣れないから食べないという場合だってあるのである。私だって、食べなれない肉をわざわざ食べたい気はしない。この飽食の時代、飢えているわけでもあるまいに。(カンガルー・バーガーとか、試す気にもならん)。

また、こういう場合も、インド人はとても多い。
  ↓    ↓

ケース① 「僕、火曜日は肉は食べませんので」とかいう人

ヒンドゥーでは曜日によって、~曜日は~神様の日、とかいうのがある。この人は、火曜は~神の日だから肉を控えてるんだ、と言っているのである。~神を特に信望してる人なのだ。

ケース② 「家ではベジタリアンだけど、外では肉オーケーです」

これも多い。家が穢れるのはいやだけど外ならまぁいいという理由もあれば、親がベジタリアンだから家では肉は食べれないという場合もある。後者の場合、息子や娘が外で肉に食らいついているなんて知らない人も多い。

ケース②の場合は、子供が大きくなってもこの習慣は変らない。つまり、家族親族の中で、自分より目上の人にベジタリアンがいる限り、その人の前では肉は食べないのであーる。(余談だけど私はこの、インド文化の二重構造がとても、とても、とっても、ものすごく嫌いです)。

このほか、「タマゴだけOKなベジタリアン」とかもいる。

ややこしいのだ、とにかく。

イスラム教徒の場合は、ポーク食べないしね。「肉やタマゴどころか、土の下に埋まったもの(にんにくやタマネギを含む)も一切食べない」というジャイナ教徒もいるし。土掘ってる間に虫殺すかもしれないってことで。


次に、

<ナン(ナーン)>について。


インド人はいつもナーン食べてんでしょ?とかってアナナタチ、思ってなくない?

答えは、ぜんぜん食べてませーん

ナーンは、基本、タンドゥーリ(焼ガマ)で焼くもの。
でも、そんなものが家庭にある家って、大富豪を除いて、まずない。

それに、ナーンは精製小麦粉(全粒粉ではなく)を使ってるし、パンを作るとき同様に生地を発酵させてある(だから膨らむ)。

つまり、

・家庭にはないタンドゥーリが必要で、
・発酵という手間もかかり、
・全粒粉ではないので栄養価はあまりない

というもの。

日常食には向かず、どちらかというとちょっとぜいたく品。
だから、「食べるとしたら外食で食べるもの」なのだ。その点、ちょっと立ち位置が、にぎり寿司に似ている。よそゆきっぽいもの。

じゃぁ、ナーンの替わりに普段何を食べているかと言えば、

チャパティ(Chapati)。

チャパティというのは、アタ(全粒粉、Whole Wheat)と水をこねて、フライパンで焼くだけ。

発酵もさせないので、フワフワなんてしておらず、実に素朴質素な噛み心地と味。


なのです。


米に直すと「インド人は家で毎日、せいろ蒸しおこわを食べているわけではありません。普段はふつうの鍋で炊いた玄米食べてます」てなもんかな。


ちなみにだけど・・・、

日本のインドレストランではナーンて必ず、巨大でしずく型でしょ?あれ、私、インドで一度も見たことありません。

インドでは、もっと普通に小さくて、そして普通の丸型そして、あそこまでフワフワモチモチはしていない。

しいて言えば、ムガール料理(宮廷料理)のレストランとか、その流れをくむイスラム教徒エリアの食堂のナーンは、比較的フワフワしているけれど、でも、やっぱり日本のあれほどではない。

(イスラム系のナーンは、生地にほんのりカルダモン風味が練りこんであったりして、発酵させる過程にもなにかヒミツがあるらしく、とてもおいしい)

インド系移民が5万人いて、インドレストランだらけのメルボルンでも、日本のあのすばらしいナーンは見たことないねぇ。



とまぁ、肉とかロティ(ナーンやチャパティを代表とする、インド風パン類の総称)を見ても実にいろいろなわけです。

ロティには他にも、チャパティ生地を揚げたプリー、ナーン生地を揚げたバトゥーラ、ハンカチみたいにペラペラのルマーリーロティ、生地に野菜などを練りこんで油で焼いたパランタなどなど、いろいろある。

また南インドでは、小麦粉よりは米粉がメインで、米粉を発酵させてクレープみたいに焼いたドーサや、米粉をふかしたイドリーなどなどある。

とか。


でも、話はまだ終わらない。


つづく

2012.06.25 / Top↑
この記事を書いてから、まだ一週間も経ってないのだが~っ。


Guzman y Gomezに、また行ったのである、私たち。

先週の金曜日、「今日は外食しよう」となったのであるが、どこ行く?何食べる?と言いながら、テレビを見てチャイを飲んでウダウダしているうちに、けっこういい時間に・・。

そこで、「もう近場しか、ダメじゃん?」となり、しかも、その週末はちょっと遠出をする予定だったので、「今日はあまり高くない店」となり、

結局また、Guzman y Gomez へ行ってしまったのであった。
もちろん、フグの強い希望により(笑)。


だけどね、

このあいだ、「とても、おいしかったです」と書いたのだけど・・、実は、今回は、あまりおいしくなかった・・・っ。


それで、ブログで「とてもおいしかった」発言の訂正をしておかないと、って思いまして。




金曜は、私はナチョス、フグはケサディーヤを注文。

私のナチョスは、まぁ、可もなく不可もなくという感じ。

相変わらず普通のメキシカンよりヘルシーではあるけれど、心なしか、なにか気の抜けた味という気もした。でも、その程度。だから、おすすめ!とは思わないけれど、普通に普通だった。


だけど、フグのケサディーヤが、かなりダメだった。


まず、少なさに驚いた(値段は他のものと変わらない)。

すごく小さいケサディーヤがちょこちょこっと3つ、さびしく並んでた。

オーストラリアで、食べ物が少なさが印象的って、すごい稀!(笑)。
しかも、ファーストフード系で少ないって、本当に稀。


見た時点ですでにフグ、思い切りトーンダウン(まつ毛の傾き方向で分かる)。


さらに、何口か食べてつぶやいた。
「おいしくない」。


えー、この間あんなに喜んだのにぃ? ドンデン返し、早くない?


あっという間に3つ食べ終わり、明らかに欲求不満な顔をしていたので、「ミニブリトーってやつがあるよ。リベンジとして食べれば?」と言ってみた。

すぐに、「そうする!こんなのアントレだ。おいしくないしっ。リベンジだ」とかなんとか言って、カウンターへ去っていった。



ミニブリトーを手にして戻ってきたフグ。

一口食べて・・・・

やはり、「うまいっ。これだ、これ」と言っていた。

私も一口もらったけど、やっぱりブリトーはおいしかった。




ということで、私の知る限り、

Guzman y Gomez でおいしいのは、ブリトーだけのようです。

実際、一番人気はブリトーということで、店自身もブリトーを代表メニューに掲げているようだし。

最初にこの店を勧めたシドニーのフグの友人も、そういえば「あのブリトーはランチに最適」という言い方をしていたような気がする。


私たちの中では、Guzman y Gomezはブリトー限定の店、となりました。



2012.05.21 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。