国際結婚により、これまでダントツ興味のなかった国オーストラリアのメルボルンにやってきて人生ごと座礁中。

こんぬづは、みなさん。

無味無臭なメルボルンにやってきて、人生が五里霧中なパナッタレです。

インド単身在住4年の日々を終え、無事に日本に帰還して落ち着いた人生を歩もうとしていたのですが・・・、おっとどっこい、その後にうっかり出会った現夫の住むオーストラリアのメルボルンに移住することになってしまいました。

やっと2012年7月、配偶者ビザが下りました。早くPRが欲しいです。


番外編としてインド時代の写真をたまにランダムに紹介しています。

ブログを通じた出会いを楽しみにしていますっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


----*-----*----- ※インド時代にせっせと書いていたブログもオンライン空間のどこかに放置してあります。また、メルボルンに来た去年にもブログを立ち上げたんですが挫折したあげく、IDもパスワードも忘れてしまったまま放置・・。何が言いたいのかというと、「似た内容、どっかで読んだな。。」と思ったら、それ、たぶん私のインド時代ブログか、挫折したメルボルンブログです・・・・。あしからず~。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本当にヒマで、薄くて、つまらないですよね・・・オーストラリア。

(そんなことない、という人だっていると思うけど、うなずく人もけっこうな数いると思って、言ってみた)


なので今日はうっかり、夏祭りなんかに行ってしまいました。そう、ドックランドでやってるやつ。
 
メルボルン在住じゃない方に説明すると、メルボルンでは最近、年に一度のジャパニーズ・サマーフェスティバルがあるんです、盆踊り。

おととしも行ったんですが、

つまらなさと、「夏祭り」なのに涙が出るくらいの冷たい風にウンザリしたので、去年は行きませんでした。

でも、喉元過ぎて、つまらなさと寒さを忘れちゃってたのね、私ってば。

今日、行って思い出したよ。あのつまらなさと寒さをっ。

ひなたは日差しがキツかったものの、おととし程じゃないけれど、今日も風は冷たかったです。




で、行ったならばとりあえずラッフル券買うじゃないですか。

つまんないんだよなーどうせ・・・と思いつつ、なんとなく行く理由は、なんとなく「日本往復ペアチケットかミシン、当たらないかなーー・・・」と思うからでありまして。

なんとなくなんだかつまらないのに、なんとなくなぜか行っちゃうのは、結局、なんとなくラッフル券がアタマをかすめるからでしょう?半分くらいの人はやっぱ。


で、フグが「時間をズラして買うんだ」というので、時間ずらして3回にわけて合計7枚買いました。 投資額合計14ドルなり。

買ったうまい棒とかドラヤキとか食べながら、タダで配られてたペプシ飲み飲み、日差しがイヤなので日陰に身を寄せて、「さむーー・・・」とボヤきつつ、

「そろそろ第二段買ってくる、2枚」とか言って、フグが買いに行ったりしてね。


あ?結果?

フン、当たりませんでしたよ。

当たるわけないなー、とやっぱり心の底で思っちゃうのが敗因でしょうかね?

当たる人には当たるんだから、なんだか不思議。今日は、どこかの少年が日本往復ペアチケット当ててましたねぇ。

私は、日本往復ペアチケットなどという大それた幸福よりは、けっこうミシンが気になってたんだけどなぁ。

ミシン・・・・・メルボルンに来て以来、ほのかに欲しいような気がするものなのよね。

でも、「ほのかに」なので、ラッフルで当たるとかしない限り、入手までは漕ぎ着けない。そんな微妙な欲しさ。



いやね、私、お裁縫が嫌いなのですよ。

モノを作るのは好きだし、「手作り」は大好き。手作りに勝るものはなにもないですよ。

きれいなものより、ちょっと傾いてても手作りがスキです!



でも・・・、どうも何度トライしても、お裁縫の才能はないらしいわけ、私。

肩が自分のものじゃないみたいに凝るし。

ちょっとでもヘタにお裁縫しちゃうと、肩凝り、首凝り、背中パキパキの地獄から立ち直るのに5日くらいかかるね。

だから、絵描いてるときみたいに楽しめない。


でも私、インテリア、けっこうあれこれするの好きなわけです。 インテリアに関してはカラフルが好きで。


でも、

オーストラリアって薄くて浅くてつまらないから、なににしたって、ろくなものが手に入らないでしょ?

「誇りを持って関わった人が誰一人いないまま出来上がった商品」みたいなものばかりが、アホみたいな値段つけられて売られてるだけでしょ?

あれ、「見る目がある消費者」すらいないのが、またこの闇を深めるんだよね。オーストラリアさぁ。珍しいよ、紛争とかで衣食住足りない環境とかじゃないのに、こんだけ消費者が薄っぺらな国も。 衣食住足りてんのに、なんだろうね、この残念感。



だからね、私、ああいうくだらないモノ達で家を埋め尽くしたくないわけですよ。できれば。

高級品が欲しいんじゃないわけ、ぜんぜん。

だけど、ゴミがゴミのような値段で売られているか、ゴミがなぜかMyersに置いてあるだけで値段2桁違っちゃってるだけじゃん?


だから、せめて家に置くもので特に視界に入るものは、できるだけ自分の好きなものを置きたい。賃貸だから、たいしたことできないけど。

そしたら、カーテンでもテーブルクロスでも、好きな感じを目指すとしたら、もう自分で縫うしかないじゃないですか(テキスタイルさえ、ろくなものが手に入らないというオーストラリアのホラーな現実は別として・・・)。

実際、これまでも、しょうがないから手縫いでカーテン縫ったりしたんですが、吐き気を催すほどの肩こりと頭痛に発展しちゃって、まじでぶっ倒れた。


それで、ミシンが欲しい気がするんですけどね。

でもやっぱ、お裁縫全般が嫌いだから、ミシン買って!と明言する勇気までは湧かない。


ま、そんなこんなでミシンが欲しい気がしてモジモジしながら2年以上経つわけだけど。

今年も得られなかったわぁ、オクサンッ。


それにしても夏祭り行くと、「日本人妻×オージー(といっても、パスポートがオージーなだけで、見た目はアジアンという場合も多いけど)」カップルと夫婦、そしてそのハーフの子供たち、品評会のごとくたくさんいますねーーー。
 
今日も、実にたくさんの日本人妻&ガイジン夫を見ました。

けっこう西洋人顔が濃く出たハーフの子とかが、普通に普通の日本語しゃべってるの見て、ちょっと感動したり。


そんな今日でした。

「海風が冷たいのに日差しはすごい」という典型的メルボルンの夏な天気だった今日。

寒さガマンしたり日差しに思い切り当たる夜眠いっすね。いま、まだ22時なのに眠いです。

寝る・・・。



コメント返信、つい書くの遅れちゃってスミマセンっ。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ

スポンサーサイト
2013.02.10 / Top↑
「ピンク狂い咲き 前編」のつづき

f8.jpg
 

↑ この感じ、なんとなく思い出すのは、デンブ・・。

あのご飯にかけるピンクの甘い粉。幼稚園時代のお弁当とかに入れてもらったやつ。
 

f15.jpg


f21.jpg
 

ハナミズキもありました。


f17.jpg
 

これが、この公園の売り、シャクナゲ!(Rhododendron)。他にも赤とか白が咲き乱れていました。


f24.jpg
 

↑ 花を嗅ぐ男、フグ。

途中途中で、どこからともなくいい香りがしたりするのですが、「ん?どの花の匂い?どれ?」とか言ってるそばから、フグがプ~ッと屁をこきやがりまして、

オレオレ、おれの香り。う~ん、香しい。グ~ッドスメル」とか言ってやがりました。


f28.jpg 

↑ 咲きまくりーの、咲き乱れーのしながら、若葉までニョキニョキ!見ているだけで運気がアップしそうな生命力。

f18.jpg 

こんなにも天気がよくて、寒くなく暑くもなく、風もなく、青空で、そして花が咲き乱れている。

写真では分からないけれど、小鳥やオウムの鳴き声もにぎやか。

すると・・・・・

この日ばっかりは、多少混んではいたものの誰一人としてピリピリキリキリしている人なし。

みんながみんな、「少女マンガで王子様と一緒に、ウフフフ、アハハハハといいながら花園を戯れるシーン」さながらに朗らかで、天国的な雰囲気に満ち溢れてました。


f29.jpg 

上も下もピンクピンク!

私の一番好きな色=ピンクに囲まれまくって、幸せな一日でございました。


にほんブログ村 海外生活ブログ メルボルン情報へ ←ギブミー・ポチ


2012.10.16 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。